スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

共感できる

TS280717.jpg

電車の車内吊りに、こころにハッと入って来た広告があった。
朝日新聞の広告だった。



   言葉は

   感情的で、

   残酷で、

   ときに無力だ。



   それでも

   私たちは信じている、

   言葉のチカラを。




相手と理解し合ったり、意見を交換する事は出来る。
けれど、相手を信ずるのは、気持ちの問題。
そしてその気持ちは、「まず言葉ありき」で交換されるものだ。

だったら。

誤解が怖くて無言になるよりも、言葉を何度も修正・差し替えしながらでも、沢山話した方がいい・・・誤解に気付いたら、その相手が誤解を解きたい相手なら、解くしかないじゃないか。
そんな事を、広告を見ながら考えた。

スポンサーサイト

2006.01.31 | | Comments(4) | Trackback(0) | 日 記

走ろう、走れ

TS280702.jpg

昨日は、久し振りに少し走った。

走っていると、しんどくなる。今ここで走るのをやめたら、楽ちんになるだろうと思う。走り出す前に「30分は走り続けよう」と思った事が、決意だったのか単なる希望だったのか、分からなくなる。

くじけて、走るのをやめると、心臓の鼓動もふくらはぎの筋肉も、段々と楽になる。楽になるとともに、「あー、実はもう少し頑張れたんじゃねぇの?」と思う。
くじけずとにかく走り切ると、次に走る時に「私はこの間は走れたのだ」という、気持ちの裏付けになる。

オーバーな言い方だが、死なないうちは走れるのだ。
走れる体なんだもの。体を鍛えない事も原因にはなるけども、大抵の場合、走れないのは心の強さのほどが原因だ。

2006.01.30 | | Comments(4) | Trackback(0) | 日 記

その一方で

TS280701.jpg

ぴん・ぽーん

天気のいい朝。誰??

出てみると、1台の1BOXカーがウチの塀に突っ込んで停まっている。ウチの家の前の道路は行き止まりなのに、車が迷い込んで入って来てしまったようで、ウチの家の前の道路は三叉路全てが複雑な形状の坂道のため、タイヤが空転して、立ち往生してしまったのだ。
助けようにも、位置的にウチのエスクも出せない。若い運転手は青ざめた顔をしていて可哀想なほど。でも、可哀想だったのは、私が「ブログのネタにしよー」と軽い気持ちで写真を撮った事だ。きっと、それは彼を「げげー、とんでもない奴んとこで事故してしまったーっ!後から法外な請求とかしてくんじゃなかろうか」などと思わせてしまったに違いない・・・

ごめんね。そんなつもりは無いよー(^^;)

警察が来たりJAFが来たりして、ちょっとした騒ぎだった。でもほんと、ちゃんと塀を設置しといて良かった。下手したら転落してるよ・・・(汗)

2006.01.29 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日 記

車好きと寿司と広島弁

TS280697.jpg

今日は、ここ以前にブログを書いてた「みんなのカーライフ」で知り合いになって頂いた徳小寺無恒さん主催の、オフ会に参加させて頂いた。
徳小寺さんは私と同い年の1学年上の方で、かなりの日産ファン。そして、精力的なブログを私は毎日楽しみにしていて、コメントを何度かやり取りする中で今回お誘い頂けた。私と同じく「広島県出身・神奈川県在住」という事もあって、初対面ではあるけど不安は無い。(笑)

若者の溢れる渋谷駅。そこに大の男8人がそぞろ歩いて雛鮨へ!食い意地の汚い私。ウニウニイクラ、穴子穴子トロカンパチイクラ、ウニウニ・・・(笑)

参加された他の方も、当然に私は初対面だったのだけど、とても暖かく迎え入れて下さって、感激。
BOBさんWoodyさんfukaさんみやこしさん、へげぺんぎんさん、one&onlyさん、そして徳小寺さん・・・皆さん、楽しい時間をありがとうございました!好きな車のメーカーや種類が違っても、楽しいものですね。それに、その一角では私の慣れ親しんだ広島弁炸裂だったし(笑)

2006.01.28 | | Comments(2) | Trackback(0) | 日 記

どうしようもない人

TS280698.jpg

仕事自体には、誇りも、自信も持っている。
なのに、仕事以外ではどうだ。

ちょっとした事で、ひどく矮小になったり卑屈になったり、どどーんと鷹揚に構えていられなかったり、伝え方が悪くなったり、伝える内容が要領を得なかったりして、そういった、自信のない・・・つまり、どうしようもない困った人になるのだ。(笑)

私は、他人を好きだ。好きだけど、接し方や伝え方が、未だに分からなかったり臆したりするところが、ある。

でも、まあ、あれだ。
ゆっくり、やってくしか無いよね。(笑)
何せ、自分には自分以外に代わりは居ないんだもの。

2006.01.27 | | Comments(6) | Trackback(0) | 日 記

雪と妹

TS280694.jpg

都内でも家の近所でも、先週土曜の大雪の景色は無くなって、日陰になった道の隅に、氷となったその残骸が残っている。

それでも、例えば都内から車で2時間も走れば、真っ白な雪国の景色があるんだろうな。忘れないうちに、また真っ白な雪景色を見たいなあと思うのは、雪国に住んでいない者の贅沢極まりない想像なんだけど。

雪といえば、思い出すのは、妹とちゃんちゃんこである。
昔、昔に、私が大学生の頃。私が外出している時に、私の友人がバイクに乗って私を訪ねて来て、留守番していた下の妹(多分、当時小学生)が玄関に出て、その様子を友人が後に私に聞かせたのだ。
「おまえの妹、『お兄ちゃんは留守です』って言うんだけど、ちゃんちゃんこの両袖に両腕を通して、何だか中国的だったぞ」
・・・ただ、それだけの事。なのに、20年経っても、何故だかその台詞と、その台詞から想像した妹の様子が、忘れられない。覚えていなきゃいけない事を忘れてく一方で、何でもない「ちっぽけでも、それが幸福ってもんだ」かも知れない光景は、忘れずに脳裏にある。忘れたくないものは、より強く記憶出来ればいいのに、って思うなあ。

2006.01.26 | | Comments(2) | Trackback(0) | 日 記

どうせ風邪をひくなら

TS280691.jpg

ん?今日は給料日だ。元旦が終わって仕事が始まったなーと想っていたら、あっと言う間に月末近し。

風邪は、治って来たふうだ。熱も下がったし、咳も減った。
腰に貼ってるカイロも、良い効果なのかも。
しかし、どうせ風邪を引くなら、移される人や移される内容(風邪菌)を、或いは移す人や移す内容を、自分で決めたいよね。出来る訳ではないのに、そんな事を思ったり。(笑)

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2006.01.25 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日 記

日本版SOX法と新会社法

IMG_0189.jpg

SOX法とは、合衆国の通称「サーベンス・オクスレー法」の事である。法の内容は、企業に対し財務報告に関する内部統制を求めるもので、言い換えれば企業がアクセルを踏むのは抑えないが暴走はダメよ、ハイこの法律に拠ってブレーキとして会社内部統制を目指し、公認会計士にガバナンスを監査して貰いなさいね。・・・といえば良いだろうか。端緒となったのは恐らくエンロンやワールドコムの企業会計不正事件であろう。が、これだけなら、合衆国の法規制なので(合衆国で株式上場していなければ)特段気にしなくても良いのだが、日本でも2008年にも日本版のSOX法が施行される。正式名称は「財務報告に係る内部統制の評価及び監査の基準」。

個人情報保護法の全面施行の時のような状況になるんだろうな、と思う。恐らく、「こう対応すれば大丈夫」的なハウツー系の出版物が書店に並び、やはりハウツー的なセミナーが開かれコンサルタントがひと儲けして・・・あー、やだやだ(笑)

今年5月に施行される新会社法では、業務の適正性確保を求めている。
各種手続きのアクセス権や手続き自体の透明化が必要だけど、過剰反応して騒ぐのではなく、冷静に対処すれば良いが。

写真は、本文と全く関係のない挿絵として。(笑)
昨年のミッレミリアから。傘さして車に乗るって、何だかファンタジックだ。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2006.01.24 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日 記

憂鬱な月曜日

TS280690.jpg

昨日、雪かきして汗をかいてたんだろうか、その後暑くてストーブ焚かずに部屋の中に居たせいだろうか。
朝起きたものの、猛烈な熱と喉・腰の痛み。

ああ、風邪だよ。。。

久し振りに、ドタ休。
会社PCを持って帰っていて、良かった。メールだけは出来る。

薬飲んで、なるたけ横になっていたら、痛みは和らいで来た。
家内に勧められてカイロを腰に貼ってたけど、これ、良いね。
足先や手先が、冷たくならない(笑)

明日は、会社に行けそうだ。良かった。
写真は、昨日の写真を後ろ側から撮ったもの。

2006.01.23 | | Comments(2) | Trackback(0) | 日 記

雪の名残り

TS280689.jpg

昨夜、雪と氷とを掃いておいて良かった。家の前の坂道は、とりあえずは人が歩ける感じになっている。道の脇に寄せられたふかふかしていた雪は、カチカチの白い氷になっている。朝7時、昨日はついに見る事の出来なかった太陽の光が差し始めた。

しかし、この写真を見て思う。我が家ながら、何と狭い車庫だこと。

家の前は、三叉路になっていて。
「T」の字でいうと、Tの上がウチの家、Tの横棒の左は車の入れない道、Tの横棒の右は途中迄車の入れる道、Tの縦棒が車の行き帰りに使う道。
で、車を入れる時はTの縦棒の下から入ってきて、左に2本ある電柱を巻き込まないよう、右前にある壁にぶつけないように入れる。何回かトライして、一発で入れられるようになった。
車を出す時は、真っ直ぐバックしてからTの字の横棒の右の道に車の後ろ半分を入れた辺りで、左(Tの字の縦棒)へ向かって坂道発進!こちらは、1度切り返してからでないと上がれない。しかも、実はTの縦棒の道は、最小幅が184cm。ちなみに、日本の5ナンバー(小型車)の最大幅は、ドアミラー含まずで1700mm(未満)で、エスクードの車幅は1635mm。つまり、左右合計で20cm誤ると、ぶつけてしまうという隘路なのだった。

・・・ええ、もう車幅の大きな車は買えません。(笑)

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2006.01.22 | | Comments(2) | Trackback(1) | 日 記

すごい雪

TS280687.jpg

起きたら、何だか外の様子が違う感じである。
人の足音。「ドサッ」と何かが落ちる音。
カーテンを開けると、そこは雪でまっ白になった世界があった。

写真は、お昼頃に撮ったんだけれども、全然止む気配なし。
人通りの多いウチの前の道(どれも坂道。笑)を雪を掻いて凍らないよう掃除して、車のワイパーを上げて、幌の屋根に積もった雪を落として。
夕方、凍る前にもう一度掃除。


それはそうと、人間ドック再検査の結果通知が、郵便で届いていたのだった。
結果は、ひとまず大丈夫。でも、日々の生活を大事にして行こうと思う。


ブドウ糖負荷試験
(ブドウ糖成分の飲料を飲んで、30分後・60分後・120分後 の、血液中の糖分の変化を見る試験)
<血糖>
 正常値:70~110mg/dl
 負荷前 85
 30分  161
 60分  147
 120分 100
<尿糖>
 定性 -(正常)
 30分 -
 60分 +-(定量0.05g/dl)
 120分 -
<HbA1c検査>
 正常値  4.3~5.8%
 検査成績 5.0%
<指示事項>
 血糖(30分値)161mg/dl、尿糖(60分値)+- と、若干の異常を認めますが、2005年10月7日の検診時よりも改善しています。HbA1cも良いようですので、このまま、規則正しい生活を続けて下さい。又、1年1回の検査で良いです。

2006.01.21 | | Comments(5) | Trackback(0) | 日 記

雪になりそうな夜

TS280683.jpg

朝、下の妹からメールが届く。

「兄ちゃんと話した次の日に、容態が悪くなって夕方救急車で運ばれた。過労とストレスによる圧迫神経症らしく、例のボスが休みを許可してくれたので昨日から今週一杯は休んでる。とりあえず休みは確保できたので、報告まで・・・」

下の妹の、旦那の話である。
ビジネス上の主張はもっと明確に行うべきという、本人が直さなきゃなんない点もあれば、上司の器が小さい点もあれば、で。
通常の睡眠時間があれば犯さなかっただろうミスを徹夜続きから犯し、必要以上に叱責されて萎縮したり信用を落としたり、その後処理に時間を割かねばならなくなり、の悪循環。

「旦那が元気に生きてるのが、何よりおまえに必要な事だぞ。
でも、おまえが共倒れせんように、今はしっかり気を張るんぞ。旦那なら、いい職場が見つかる。自分を責める前にバシッと主張出来るように頑張るのが次の課題、でもそれは退院してから。まず今は、治すのに専念を」

こんな事しか言えなかった。
数日前、妹に電話するのを間違えて彼に掛けた電話で話した時に、何故もっと話を聞けてなかったんだろうと思いながら。


ちょっと、飯でも食いに行くべよ。建ちゃんよ。


夜、同業他社の同職種の方達と懇親飲み会を終えての帰り道。駅を降りたら、雪になりそうな雨がちらついて来た。風が、刺すような冷たさだ。
明日は、ここ数年見てない位にまで積もりそうとの事。

2006.01.20 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日 記

弱さ

TS280684.jpg

朝、通勤電車が故障のためダイヤに遅れが生じた事から、早く着くはずの予定が30分位後ろ倒しになって、そして会社に到着してすぐ。
珍しく父から電話連絡が入る。何事かと思ったら、私の弟(鹿児島在住)の奥さんのお母様が亡くなった、と。
ここ何か月か入院なさっていて、本人への告知を含め、外野でしか応援とか出来なかった。せめて足を、と思って足を運んでみたのも、結局1度しか行えなかった。。。

家族葬との事でもあるし、車で行くという父に、我が家の代表と委ねる事とした。
でも、鹿児島には、近いうちに、お線香を上げさせて貰いに行こうと思う。


最近、ズバッと迅速な決断が出来なかったり、自分のどうにもならない器の小ささをあらためて再認識する機会が多いな・・・狼狽。

今日は、どうにも、下を向く事の多い1日だった。

2006.01.19 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日 記

まあいいや(笑)

TS280682.jpg

月曜・火曜と、会議だ打合せだの類の無い日が続いた事もあって、今日の打合せ3件は面倒だ。
うち1件は、まあ御前会議なのでどうでもいい(論のぶつかる場ではないので)んだけど、残り2件はそれぞれ無理難題・目的不明・目的にマッチした方策で無いのを代替案付きで反証せねばならない系だったのと、1件は夜からだったので。朝一番の議論も厭だけど、夜になって頭の疲れてる時の議論はもっと厭なんだよなァ。

まあ終わってみれば、2件とも、とりあえずは収束出来て良かった。
昨日アドバイス出来た仕事が、今朝綺麗に片付きそうとの報せもあって、今日が始まる前迄に想像していた「今日」よりは、終わってみて振り返った「今日」は、良かった。
こんな風に、終わってみれば思ってのよりも悪くない1日って、嬉しいね。悪い意味でじゃなく、まあいいやって思えるもの。

そういえば、「まあいいや」って、こうやって文字を抜き出すだけではニュアンスの違いが分からない言葉だなあ。
投げやりな気持ちで使ったり、笑い飛ばすために使ったり、話題を逸らすために使ったり。前後の文脈を読む力って、やっぱり必要なのな。

2006.01.18 | | Comments(2) | Trackback(0) | 日 記

不意打ち

TS280681.jpg

生活してゆく中でも、仕事でも、不意打ちを食らった時の対処に「素」ってのが出るもんだ。

例えば、信用してた人から数日前に仕事の相談があり、こうするのがもっとも的確だと回答したものの、いつの間にかどこかでその回答の趣旨が捩れて伝わり展開され、全然別の方面からある日突然その事を知る、とか。

そういう時に、頭が真っ白になって茫然とする事が多いのが私なのだけど、危ないのはその後のアクション。
時には感情が膨れてもつれ、時には徹底的に相手の逃げ場を取り上げて追求し。

で、そういうのは大抵、後になって「えへへへ」と照れるしか無かったり。

だから、そんな感じでパニックになってる他人(ひと)を見ると、「ああ、愛らしいなあ」「すきだなあ」と思う。

2006.01.17 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日 記

暖かくなったら

TS280680.jpg

冬だから当たり前だけど、こう寒い日が続くと、「暖かくなったら、どこかに行くか」などと考えるのが楽しい。

暖かくなったら・・・、楽しそう。
暖かくなったら・・・、どこか行かなくても、歩くだけで楽しそう。


夕方、疲れてたんだろう、ぼーっとしてたらしくて、会社のフロアを出ようと振り向いてちょっと歩いて、同じフロアの人とぶつかって、彼の持っていたココアを左腕に浴びてしまった。彼の白いワイシャツも、ココア色に・・・。
全くもって私の不注意だったのに、彼は私をすぐに許してくれ、そのうえ私のスーツが大丈夫でしたか・・・と気遣ってくれて。
私が今日着ていたスーツは濃い目の茶色だったし、目立たなかったのに。悪いのは、ボーッとしていた私だったのに。

ごめんなさい、だ。

・・・暖かくなったけど、でも、これは違うよなぁ。。。(笑)


今週は、部下にお子さんの誕生予定がある。「状況見て、遠慮なく休むなり会社早引けするなり、して下さいよ」とこっそりとメールだけ入れておいたけど、律儀な彼は「お気遣いありがとうございます。仕事は滞りなきようにします」と返信をくれた。彼も私も、何か性格出てるよねえ・・・(笑)

2006.01.16 | | Comments(2) | Trackback(0) | 日 記

いつか

TS280674.jpg

ブログを新たに始めるにあたり、ここFC2に決めてからハタと思ったのが、「ブログのタイトル」である。
もの書きではないにしても、ある程度、何かしらの意味を込めたいじゃないか。そう思って、「何にしよっかなー」と考えていた。

結局、好きな歌に敬意を表して、「One Step」に決めた。
以前のブログにも書いたのだが、私、この歌にとてもシンパシィを感じていて。

そのステップは、自分が今迄上がってた階段の歩幅より小さいかも知れないし大きいかも知れない。足を掛けた瞬間に崩れ落ちるようなヤワな階段かも知れないし、足を置くスペースがすごく細かったり、足を裏から突き刺すトゲがあるのかも知れないし、これ迄見なかったような心躍らせる景色を見る事が出来るのかも知れない。

でも、生きている限り、今日と同じ明日なんて、本当は無いのだ。
あるといいなーせめて偶然の時だけでも。あると安寧だよなー。と思うけど、ね。

      昨日と同じ今日なんて 誰も望みはしない
      今日と同じあしたを 作ろうとは思わない

いつか。

2006.01.15 | | Comments(3) | Trackback(0) | 日 記

驟雨

TS280679.jpg

今日は、昨秋受けた人間ドックで指示された「食事療法等行い、3か月後に再検査」により、病院へ。
血液検査なのだが、昨晩22時から食事は取れず、水分も0時から飲めない。しかし、「ダメ」と言われると寂しいもんだ。(笑)
朝9時に病院に入り、まず注射。すぐ糖分の入った液体を飲み、30分後の9時半、次に又30分後の10時、最後に1時間後の11時、の計4回の注射。注射の時は、つい顔を背けてしまう私であった。分かっていても、痛いものは痛いんだよなあ。

検査結果は、後日郵送。どうなんだろうなあ。

朝からぱらつき始めた雨は、午後から本降りとなった。
車で都内迄出たのだが、少し道に迷ってしまい、とんでもない大渋滞にはまってしまった。音楽を聴きながら、煙草喫いながら、缶コーヒー飲みながら、幌を叩きつける強い雨の音を聞きながら。渋滞の中は退屈だけども、鉄板ではなく幌を叩く雨の音を聞いて居るのも、意外にいいもんだ。

2006.01.14 | | Comments(2) | Trackback(0) | 日 記

五感

TS280668.jpg

今日は、仕事で外出、神谷町。霞ヶ関以外へ仕事で行く事が極めて少ない私なので、久し振りで嬉しい。部下を連れて、冬空の下を歩いた。
今日は、同業者何社か集まって、始まろうとしているとあるプロジェクトについて、事務局との意見交換と双方との温度差の解消が目的の、ざっくばらんな会議。プロジェクトは、ある目的のために各社から講師を募り、各地へ派遣する、実施スパンは3年度間、費用は基本的には各社(ボランティア参加)というものなのだが、事務局は講師のスキル向上を望み、したがって講師の使用する資料類は講師側でどんどん作って行って貰いたいと考えていて、一方で参加する各社はスキル向上は望んでいなく、講師の使用する資料類は定型化して貰いたいと考えていて。

メールで質疑応答を1度行ったものの、行間は読めないもの。なので、1度面通しで意見交換しましょう・・・といったものだった。

意思疎通というのは、その方法に拠ってレベルが違う。というのは私の自説だ。手紙やメールは目に頼った方法、電話は耳と口に頼った方法、面通しで会うというのは口も耳も目も使える分、お互いの理解度は深い。日本のビジネスの場であるから、欧米のように握手する事はないけし、ましてや舌で味わうなんて事はないのだが(笑)、こと一般的な関係で言えば、「触れる」という事はそれ以上のコミュニケーションなのだろうなと思う。

一方、この打合せから帰社すると、1通のメールが届いていた。メールを開くと「いついつにどこで、何たらというテーマについて、会議をするから来てくれ」とあるものの、明確なのは期日と場所のみで、テーマやら期待される役割は全く不明・・・

仕事は、メールの応酬だけでは動かない。相手の心を動かさねば、仕事は動かない。
何でもかんでもすぐ会議。というのは効率が悪い。
うまく組み合わせたいな、と今日は思った。

写真は、駅のホームで目に留まったお茶目さん。

2006.01.13 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日 記

パンドラの箱

machu_2s.jpg

パンドラの箱をはじめとして、古今東西、「~してはならぬ」と言われてもしてしまうのが人間なのだという教訓がある。
今日、会社の人と話しててそんな話になった。

人間は愚かだけど、愚かだから(神様などではなく)人間なのだろう、とも思う。

けどねえ。仕事は別だよな、やっぱり。先んじて「こうなる」と分かっている事は、内心で「この馬鹿め」と思うだけでなく、言明しとかないとね。

例え、その意見が通らないとしても。通らないのは私の力不足だけど、通さなかったのは会社だ。なら、良かれと思う事を、立場はある程度踏まえたうえ(言い方とか、ね。激昂しても逆効果)で、遠慮なく言った方が、自分のためでもある。

「そんな事で・・・」と阿呆らしい時も多いし、そんな阿呆らしい事は一切忘れて、いつか行きたいマチュピチュに行くかーっ。と思うけれども。

・・・と言っても、マチュピチュは遠い訳で。
あー、どっか近場でも、旅じゃなくてもいいから、旅行がしたいかもだ。(笑)

2006.01.12 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日 記

逃亡

machu_3s.jpg

今日の打合せは、2件。
でも、正月休みから段々と本稼動して来た感じで、検討依頼であるとか、打合せ依頼であるとか、仕事が段々忙しくなって来た。

今日の打合せのうち1件は、グループ会社と合同の、週1回の本部長御前会議みたいなものなので、内容的に伝えるべき事のない今日は、部長と先輩に任せてしまおう。そう思って敵前逃亡。

悪いけど、しょうも無い打合せには、無駄な時間ある時だけにしたい。

2006.01.11 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日 記

雪景色

TS280677.jpg

広島から、昨晩23時半過ぎに帰着。
今回のお土産は、広島が誇る(笑)銘菓店「バッケンモーツァルト」の、ひとくちサイズのバターケーキ。バッケンモーツァルトは、私が広島に居る頃からのお気に入りのお店。
眠いけど、さしたる急用も無いけど、疲れてるけど、でも知らん顔して頑張った方が良いに決まってるし、頑張れるうちは頑張ればいいんだし。

今日の会社での打合せは、予定では10時半から1件のみ。
が、お昼前に又物騒で下品な検討依頼がやって来た。検討依頼は、目的が漠としてはっきりせず、単に方法論のみの連絡依頼であったので、会社の方向性が全く分からない代物。。。ハァ。
勝手に熱海とかに会議設定して出張しちまうぞ、こりゃっ。

今朝は、東京近郊・東方面では、雪景色だったらしい。
まだ今シーズンは、一面の雪景色って奴を見ていないなあ。

2006.01.10 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日 記

密葬

TS280672.jpg

昨晩は、2日寝てないような親戚や親父達には寝て貰おうと、通夜の番を買って出た。
不寝番とは行かなかったけど、お棺の横で、何度も何度もハッと起きた。火が消えてやしないかと。

祖母のお葬式は、密葬として、家族親戚のみでしめやかに執り行われた。
親父は、会社の人に言ったら大げさな式を挙げる事になるからいやだ。と言って、家族縁者とも話して、密葬にしたようだった。

ウチの家は、安芸門徒。浄土真宗である。
お坊さんが話してくれた、「勿体無いという言葉とともに、生きて来た方ではなかったかと思います」という言葉が、胸にすーっと入って来た。

出棺前に、祖母のお棺を花で埋める。孫達に「沢山、綺麗な花を置いてあげて?お花が大好きだったから・・・」と涙ぐむ伯母。花を入れながら、突然下を向いてお棺のそばを離れて目頭を押さえる親父。それに釣られて貰い泣きをしている、私と年違いの上の妹。

諸々の事情から、初七日も今日一緒に終えた。
明日、親父は会社には「私用で、休む」と伝えていて、納骨のためお墓のある山口の美祢へ行く。
私と家内は、今晩戻る。
勝手な考えだが、ばあちゃんは自分のために家族縁者が無理をするのを嫌がってるんじゃないか、仕事を休まないで良いなら休むなと言いたいんじゃないか・・・、そんなふうに思えて。

どうぞ、お先に、ね。ばあちゃん。
ばあちゃんが生んでくれなかったら、私は私に生まれなかった。
父にも母にも兄弟にも、今居る友人知人とも会えなかった。

2006.01.09 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日 記

通夜

TS280671.jpg

1908年生まれで、2か月前の11月に、97才になっていた。
6人の子供を生み、育てて。
私の親父は、5人目の子供の次男坊だった。
長男(私からは伯父)は足が悪いので、喪主は親父が執り行う事となるのだろう。
通夜は今晩、式は多分明日。明日中に戻れると良いけど、手伝いの有無が今の段階では良く分からなくて、なので火曜日は会社を休む事になるかも知れない。

午前中バタバタと電話連絡をしあったり準備して、家内とともにお昼出発の新幹線に乗る。広島止まりののぞみ号だったが、新大阪でごっそりお客さんが降り、1車両に6人しか居ない。

鹿児島の弟は、奥さんのお父様・お母様が体調悪いから無理だろう。下の妹は茅ヶ崎だが、旦那さんは許してくれるだろうが、長男の私が行っていれば、必要という話ではない(妹の気持ち次第)だろう。

昨晩、家内と母とが、「ちょっと、(祖母の)調子が悪くなった」と電話で話していたばかりだった。

楽な気持ちで、逝けたんだろうか。
のぞみ号は、広島に向かって走る。

2006.01.08 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日 記

静かな時間

TS280669.jpg

今日は、だらだらデイ。

夕方、30分ランニングに出掛けたら、西の空がとても綺麗だった。


      ぼくが ここに いるとき
      ほかの どんなものも
      ぼくに かさなって
      ここに いることは できない

      もしも ゾウが ここに いるならば
      そのゾウだけ
      マメが いるならば
      その一つぶの マメだけ
      しか ここに いることは できない

      ああ このちきゅうの うえでは
      こんなに だいじに
      まもられているのだ
      どんなものが どんなところに
      いるときにも

      その「いること」こそが
      なににも まして
      すばらしいこと として
                                  まど みちお/ぼくが ここに

2006.01.07 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日 記

最初の週末へ

TS280660.jpg
今週から始まった仕事も、今日で終わり。明日からは3連休だ。
今週は3日、来週は4日、さ来週からは通常の週5日ペースだなあ。
次の大きな休みは・・・と思ってカレンダーをめくってみれば、5月じゃーないか。長ーいー。(笑)


      そらの しずく?

      うたの つぼみ?

      目でなら さわっても いい?

                                まど みちお/ことり


ふと気が付くと、朝、小鳥がさえずっているのが耳に入った。
いつから鳴いていたのか、実はずっと鳴いてたのに気付かなかったのか。どっちなんだろうな。

2006.01.06 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日 記

ラスト・ダンス

TS280667.jpg

古畑任三郎、これで終わるんだろうか?
最終作として、1月3日~5日に、三部作が放映された。
1月3日は藤原竜也と石坂浩二を迎えての「今、甦る死」、1月4日はイチローを役者として迎えての「フェアな殺人者」、最終日の今日は松嶋菜々子を迎えての「ラスト・ダンス」。

1994年から計3シリーズ、スペシャル5回作られた訳だが、「今、甦る死」は面白かったな。イチローは、このドラマの大ファンだったというのでこのキャスティングが実現したようだけど、役者としてもやってけるんじゃないの?と思わせた。最終日の「ラスト・ダンス」は、大枠のストーリー構造は想像ついたんだけど、松嶋菜々子の1人2役は、意外と良かったという感じである。最後に流れてた歌が雰囲気良かったなあ。夏木マリだったんだろうか。
ちょっと、脇役との掛け合いが少なかった感もあったけど、良い締めだ、と好感を持てた。

2006.01.05 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日 記

仕事初め

TS280666.jpg

ウチの会社は、昨年1月中旬から、フリーアドレスになった。
良い点もあれば悪い点もあるのだが、総じて好感を持っている。
他部署と会議や打合せするのに、例えば同じフロアであれば、部・室ごとの壁が無いため、つかつかっと近付いてって、「今、時間取れます?」「ちょっといい?」というのが、し易い。

なくなったものは、例えば、年末の納会であるとか、年始の「社員を一堂に集めての、社長訓示」とかだろうか。(笑)
多分、それもあっての事なんだろう。私より偉い先輩や上司は、今日は年休を取っている。
私はといえば、6日休んでいて唐突にエンジン全開で仕事に立ち向かえる訳もなく、とりあえず監督官庁へ年始の挨拶へ行ってみた。(笑)

2006年の、仕事の始まり。
今日はそれにしても、雪が降りそうなくらい寒い。

2006.01.04 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日 記

冬休み終了

TS280661.jpg

今日も、年末年始の間に買った雑誌で目星を付けておいた車関係のショップを何軒か廻った。今日から開店!というショップも、割りと多かったので。

に、しても。

考えたら、24時間営業のコンビニが出来、ファミレスがたくさん出来、年末年始のないお店や初売りを元旦や2日から行うお店が増え、便利にはなった。なったけど・・・、何か世の中、階層化してってる気がしてならない。「1億総中流」は、思い起こせば良かったなァというのは郷愁なのかも知れないけど、隣近所の人達がお互いを知らない昨今、無機質化してってる気もする。

ああ、過ぎてみればあっという間の6連休。明日から会社だ、頑張って仕事しよ・・・ううん、頑張って仕事のペースを取り戻すよう適応して行こうって感じだ。(笑)

2006.01.03 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日 記

庭の草木のように

IMG_0191.jpg

今日から、ここで日記を付ける事とする。

・・・といった書き出しをするのは、大抵男性だ。おカタい感じである(笑)

実は、「カービュー」社の「みんカラ(みんなのカーライフ)」というコミュニティで私的な日記(ブログ等)を昨年1年間記していたのだが、足場をそこから離したいと思い続けていたので、あれこれと各社の提供ブログを参考にしたうえで、こちらにお世話になる事にしたのだ。

ここで書く私のこの拙い日記に、誰かが何かしらインスパイアされる事があったら嬉しいし、それを庭の草木のように大切に育ててゆけたなら。若しくは、その草木を咲かせるための豊穣な土になれたら良いなあ・・・と思う。

今日のランニングは、昨日張り切った所為か右膝が痛いので、中止。
中学・高校と、部活でバレーボールをしていたのだけど、高校の頃に練習で膝を打ち付けて、それから何かの拍子に痛くなるのだった。
で、プラモデルを作って居たり。

冬休みも、あと2日でお仕舞いかあ。。。

2006.01.02 | | 日 記

«  | HOME |  »

プロフィール

はまたに

Author:はまたに
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。