スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

プロジェクト ソフトクリーム ~白き世界を求めて~

甲斐さん発起の「プロジェクト ソフトクリーム ~白き世界を求めて~」。楽しそうなので乗せられてみる。


【“プロジェクト ソフトクリーム ~白き世界を求めて~”の続きを読む】
スポンサーサイト

2006.02.25 | | Comments(4) | Trackback(1) | 日 記

いいなぁ。

IMG_0040s.jpg

・・・という事で、まさねさん家きりたんぽ鍋オフに家内と参加させて貰いました。

昨夜寝たのが遅くても、休日ならば起きるのに苦はなかったり。
朝7時半に家を出発し、湾岸線からC2を北上し、1時間後に三郷で下りる。
そこから到着目標時間から、時計とトリップメーターとをにらめっこで逆算しつつ、R6を北上。流山、柏、谷和原、谷田部、と来て結局つくば牛久ICから常磐道へ。高速だと36Kmの距離だが、一般道では60Kmあった。やっぱり高速道路ってすごいねえ。(笑)

手伝いもせず、まさねさんちの猫達と遊んで貰う。猫は、いいなあ。。
ムネクロさん自家製のきりたんぽ、とても美味しかった!!思えば、ウチの仲人さんは秋田のご出身で、10数年前に転勤で上京した際に、お家に呼んで頂いて食べさせて貰ったのだが、ご飯だけど練り物っぽくておなかにたまって、あったかくて。うん、美味しい。

歓談し、まったりとし、居眠りし(笑)、18時にまさねさん家を辞す。帰りは高速一本槍。
今日の総走行距離は、500Km。沢山運転した疲れが、心地良い。

みんなが笑ってるところに居られるって事は、なかなか日頃そうは行かないもので。だから、ムネクロさん、takezooさん、sabuさん、夏。さん、まさねさん、時間を調整して駆けつけて来られた嵐田さん、楽しい時間をありがとうございました!

2006.02.25 | | Comments(8) | Trackback(2) | 日 記

説明会と雨

TS280756.jpg

今日は、14時から延々17時半迄、来年度から始まる新人事制度の説明会に参加せねばならない。
とは言っても、事前にイントラネット内に掲示されているパワーポイントの資料より詳細・的確な説明があるとも思えないが、事前に読んで来いとも言われて無い。という事はつまり・・・、そのパワポに沿って説明がなされるのだろう。眠い話ではある。さりとて、参加はせねばならないという・・・はうぅ。

折りしも、激しい雨が午後から降り始めた。
歩いて向かうが、折り畳みの傘じゃ間に合わない雨量・・・(笑)

説明会では、暗い会場だし本も読めない。仕方ないのでパワポと同じ資料でなされる説明を聞いていたものの、睡魔には勝てず。(爆)

FRISKを口に入れても、睡魔は止まらない。

いやー、困った説明会であった。いや、私も困った人だったのだけど。

何って、確定拠出年金(401k Online)への適応方である。
401kって、不安定な「今」という時代の、1つの象徴じゃないかな。

2006.02.20 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日 記

年下の女の子からのプレゼント

それは、2006年2月18日(土)の出来事だった。
感涙のモテモテ話が私の身に!

年下の女の子から、プレゼントを頂戴したのだ。

私はそれを、よほど物欲しそうに見ていたのかも知れない。その子は「いいですよ。どうぞ」と、私に手渡してくれた。

TS280746.jpg


手の親指くらいの大きさだろうか。耳がブチの、可愛らしいネコである。名前はまだ無い。(あったのかな?)
その場で器用に、ぶら下げる用の紐を縫い付けてくれた。

ありがとう、嵐田毬乃ちゃん!

・・・30幾つも年下だぜぃ。初めての体験。おじさんは嬉しかったんです、はい。(笑) いや、真面目な話、本当に。

2006.02.19 | | Comments(2) | Trackback(0) | 日 記

黒と青と赤

TS280741.jpg

先週に引き続き、今週も茨城方面にドライブである。先週ロッジから誤って持ち帰ってしまったボウル(料理用のボウル)と、嵐田さん家のカレー鍋(カレーを持ち帰るのにお借りした)とを、返しに行くのだ。

家を8時前に出て、のんびりと第3京浜に乗り、環8を少し上がってR246へ。R246と言えば、稲垣潤一のデビュー曲を思い出すなり。

しかし、R246は土曜と言っても渋滞中。三郷から高速に上がろうと思っていたが、結局時間に押されて首都高に上がる始末(笑)

押し掛けたのに、ケーキとお茶をご馳走になり、そこにまさ姐さんが登場し、雛飾りに立ち合せて貰い(いえ私は仮面ライダーの系譜たるフィギュアを眺めていたんですが・・・だってねー、アナザーアギトを作っちゃってるとかSpirits版の眼が破壊されたストロンガーに細工してあるとか見ちゃうとねー、もう)、14時に移動。

移動開始時、山の麓でたまたま、嵐田'sお父様のノマドとすれ違ったんですが、右手をシャキッと上げてご挨拶される凛々しさに嬉しくなった。かっこいい。

移動先は、フィギュアはじめとしてオモチャ満載のお宝ショップ。何度も誘惑に駆られたものの危うくも買い物はゼロ!ふ~っ(笑)

1時間ばかり店内をうろついた後、ファミレスへ移動。少し遅めのお昼を食べ、ドリンクバーの威力を最大発揮という感じで、何時間かたむろ(笑) そういや、昔はドリンクバーなんて無かったよなあ。何杯飲んでも定額料金なんて、考えられなかった。

楽しい時間はあっと言う間。日の暮れるのが長くなって来たなと思いながら、「じゃあ、又!」とその場を辞す。うん、又ね。必ず。

2006.02.18 | | Comments(5) | Trackback(0) | 日 記

真冬の夜に

TS280735.jpg

最近、三寒四温。こうして暖かくなったり寒くなったりを繰り返しながら、春へと向かって行くのかな。

「夜には冷え込みが一段と厳しい1日となるでしょう」そんな天気予報のとおりで、駅からの帰り道はコートを着てても冬風が冷たい。私の体は平熱の高い方だから、と耳に手を当ててみる。
耳は、冷えきっているけど、手の温かみを耳に感じる。手を離すと、さっきの温かみは何だったんだろうという位、耳は即座に冷たくなって行く。

街灯の白い灯りを見やりながら、あの街灯はきっと温度が低いんだろうななどと思ったりしながら歩く。靴音が、夜のしんとした空気の中に響く。

酒を飲んだ帰りに時たま、こういうシュンとした気持ちになる時があるけど、何でだろうな。
今日は金曜日。土日だ、心立て替えて、っと。

春よ、来い。

2006.02.17 | | Comments(4) | Trackback(0) | 日 記

頭で考えるよりも

TS280734.jpg

今日は、部下達との情報交換ミーティングが1件入ってるだけの予定。
が、その時間に限って緊急の相談が入って来た。ややもすると、部下達とのミーティングは(私を殿様に見立てた言い方をすると)「御前会議」のような捉え違いになり兼ねないなと最近感じていて。しかし本意は「部下間で情報交換をし、誰が今何をしているのかを感じ取り、興味を持ったら話を聞いて視野を広げ、自分の仕事に役立てなさい、相互に刺激し合いなさい」なので、皆さんそれぞれで仕事情報の交換をお願いします、と任せてみる事にした。

1人休んだ場合には誰か1人が内容をまとめる事としているのだが、それもきちんと行われて、暫くしたら1人が議事メモを送ってくれた。

よし、よし。いいぞー、皆。

生まれた以上は、自分らしく生きたい。この会社で今任されている職場は、皆それぞれの自分らしさを育てながら、私自身も自分らしく生きたいと思う。
頭で考えるのに煮詰まったら、自分の感覚を信じても良いんだなと思った今日だった。

2006.02.16 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日 記

講演/田原総一郎

TS280738.jpg

自然の景色を見ながらぼーとしたい。
リラックスしてのんびり過ごしたい。

でも、今日も仕事~。

が、今日は18時半から、サイトでの応募で当選した、田原総一郎氏の講演に行けるのが楽しみなのであった。

ただぁし、このサイトはいわゆる先物取引のサイトである。きっと明日以降、勧誘の電話が掛かって来るんだろうな・・・

と思っていたら、今日掛かってきた。(爆)
もしもーし、ちょいと早過ぎ。(笑)

田原総一郎氏の講演は、題して「時代を読む」というもの。
国内政治の事、これからの人口の動静と経済の行方・・、知的好奇心が心地良く刺激された。

講演が終わって外に出ると、降り始めた小雨の中に、浜風が吹いて来た。私がこの町を好きな理由の1つ。

2006.02.15 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日 記

2月14日

IMG_0373.jpg

先週、毎年恒例の事なのだけど女性社員へメールを。
「来週、2月14日という日がやって来る訳ですが、従前どおり、チョコレート付与?授受?は、お気持ちだけに」つまり、義理チョコ禁止っっというもの。

そうしたら、今朝。
「はまたにさん、気持ちは禁止してないですよね!?」そういって2人の女性社員が、男性陣にチョコを。。。

嗚呼。やられた。私の厳しき通達を、すがすがしくひっくり返されてしまったっ。

午後からは、オフィスに人が少なくて閑散とした感じ。来年度から導入される新しい人事制度についての全社員向けの説明会が今週・来週の数回に分けて実施されていて、そのためのようだ。私は来週月曜参加予定だが、事前に知らされた中身以上の説明があるとは思えないんだよな~。。。

そういえば今日、雑談で「風邪を引いたと家で話したら、仕事が忙しいから、今はうつされたら困る」と言われたって話があった。そういう時は「困る」と言われるのは、正直なのは良いとしても、ちょいさみしいよね、と。
例えば、「会社を辞めます」と言った時に「困るから、ヤだ」よりは「寂しくなるから、ヤだ」と言われたい感じ!?(笑)

写真は、去年の11月に撮ったもの。偶然だけど、BMWミニのコンバーチブルが写ってる。
そうだなあ、次に乗る車も、小さめでオープンな車がいいな。

2006.02.14 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日 記

講演/日本版SOX法関連

TS280730.jpg

一夜、明けて。
今日は午後から、日本経済新聞社関係主催の「日本版SOX法施行を見据えた内部統制強化への対策」セミナーの聴講へ行くのだ。
なので、午前中しか仕事が出来ない。

講演は5つのパートに分かれていているが、最初と最後以外の3つは、よくありがちな感じで協賛企業の説明パートなので詰まらないのだが仕方ない。(笑)
何故なら、私は具体的なシステム機器を買うつもりも権限も無いし、日本版SOX法を巡るこういった周囲の動向を知りたかったからだ。

聴講の帰りしな、駅へ向かう道すがらフラリと百貨店へ。明日のバレンタインデイの所為でチョコ販売がやたらと目に付くのだが、昼飯を食べ損ねた私はそこでプリンを買いたくなったのであった。オヂサンがプリンを買う。何てミスマッチ!でもまあ、いいよね(笑)

外は、いつもは見る事のない、おだやかな夕陽だった。

品川駅構内で、JR東日本と日本郵政公社との共作らしきクモユニ型風郵便ポスト。品川は、山手線と品鶴線の0Kmポストがある。2005年10月に、品川駅リニューアル記念として作られたらしい事が、傍らに記してあった。

2006.02.13 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日 記

気がついたら1日終わって

IMG_0120s.jpg

朝ご飯の後、つくばーどを辞す。午後から家内にあったからだが、諸々の事情から言って、丁度良かったかも。

駐車場で、しばし別れを惜しむ。
天気にも恵まれ、大きな事故も無く、良かった。

ちょっと時間があったので、ボウリングに出掛ける皆さんを見送りつつ、もう1つ上の駐車場に行き、景色を楽しむ。眼下に広がる風景を見ていると、昔そうやって大学をさぼってた時を思い出した。

帰り道、嵐田さんからFMを聴いてみてくれ、例の中島みゆきさんっぽいDJが今、喋っているから・・・と電話を頂く。気に掛けて貰えているというHappyに、笑顔になる。うん、大丈夫。
たまちゃんのラジオを聴きながら、少し渋滞したけど無事に帰着。

午後、家に帰り着いて昼寝。疲れてたのだろう、死んだように何時間も寝ていた。(笑)
そう、気がついたら1日終わってた・・・という感じで、暗くなってから目覚めたのだ。

さあ、十分に楽しめた。明日からは仕事だ!

2006.02.12 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日 記

つくばーど in 岩間 Ⅶ & 第6回Bレイド

IMG_0019s.jpg

生きて行く事は、楽しいばかりじゃない。厭な事も、自分の不甲斐なさや至らなさや弱さ小ささズルさを痛感する事も。
皆、本当にごめんね。謝る時は、すぐ謝るのが鉄則だなと思う。

でもね、それでも、Happyな事が幾ばくか上回っているはず。
ゴメンネと頭を下げるだけではHappyは呼べないものだ。
だから、歩かなきゃ。


今日は、つくばーど in 岩間 Ⅶ & 第6回ブラインドレイドの日である。
お手伝い(と言っても家内。私は運転手。笑)の用向きがあるので、14時迄にゴールせねばならない。なので、Bレイドはリサーチ済みではあったものの、到着時間を優先し、途中で道に迷ったら潔くパスしよう。と決めていた。もう1つ決めてた事は、「でも、途中のCP4で温泉に浸かって来よう」であった。(笑)

のんびり準備して、家を8時半前に出発。湾岸線からC2経由で常磐道。スタート地点でトリップメーターをリセットし、いざ!

CP4で温泉入って、昼寝して、昼飯食べて、の~んびり。

・・・で、次のCP5、分かりません。(笑)
早々に諦め、次のCP6へ向かう。CP9辺りで遅刻しそうなので幹事のSIDEKICKさんへ家内から電話をさせるが、何だか大丈夫らしい。スミマセンです。

最後のCP10は、分かってみれば「なるほど、確かに事前のヒント・案内どおりだ!」であった。

暖かい人たちに混じれている事に、あらためて感謝しつつ。
おやすみなさーい♪

・・・そういや、結婚記念日でした。まる12年か~。早いような、沢山の時間の重みを感じるような。

2006.02.11 | | Comments(12) | Trackback(0) | 日 記

好きと嫌いは紙一重

TS280710.jpg

新橋と浜松町の間くらいに在る、東京美術倶楽部で「大いなる遺産 美の伝統展」を会社帰りに見に行った。家内は今日午前中に抜糸手術も済んで、これで手が使えるようになった。

日本美術史を代表する国宝を17点、日本、朝鮮、中国の古陶磁から選りすぐった重美級の逸品36点、屏風の名品4点、日本近代絵画約70点、近代工芸28点を展示。

「国宝を中心とする古美術名品展」、「日本近代絵画の巨匠たち 知られざる名作を集めて」、「近代工芸の創生 新たな美を求めて」の3部門構成で、美術商が直接・間接に関わって美術館、博物館や個人のコレクターに所蔵されることになった美術品を一堂に集めたもの。東京美術倶楽部とは、国内外の美術品の売買を行う方々が集まって作った組合みたいな感じだろうか。

国宝に指定されている「源氏物語絵巻 鈴虫」、初めて見た。
陶器の素晴らしさも感じるけれども、やはり私は絵が好きなんだなあ・・・と再認識した。上村松園さんの描く女の人「櫛」(若き日のお母様なのかな?)も鏑木清方さんの女の人「いでゆの春雨」も、とても素敵だ。横山操さんの厚塗りの白い富士山「清雪冨士」も、前田青邨さんの「洞窟の頼朝」も、岸田劉生さんの怖いけど「二人麗子図」も。
でも、東山魁夷さんの「青い谷」の前で、私は、離れたところから一歩ずつ絵に近付いてって、本当に深い木々と小さな滝のある山に入ってく気がして、長い時間そこに居た。


好きと嫌いは紙一重。
私は就職して暫くする迄、絵画に心しびれる事が無く・・・というよりも、「文化」に対して鼻持ちならない匂いを感じていて、避けていたのだ。いつだったか、TVで唐招提寺の特集をしていて、そこでTV画面越しのふすま絵を見てからじゃないかな、と思う。

2006.02.10 | | Comments(2) | Trackback(0) | 日 記

思いのほか

TS280707.jpg

「4月に、全社員を集めての年度始めのキックオフミーティングをやります」そんな案内が社内で出た。大々的にこういう事するの、何か最近お好きだなあ・・・、末期の会社にありがちな「イベント好き」?

思いのほか、末期症状が長い。
どんな形であれ、早くトンネルから出たい。
トンネルから出た姿を見たいと思う。
思うけど、次のステップの準備は始めないとならないかな。

いつまでもこの会社があると思わないし思えなくなってる。

明確に求められるテーマや仕事がなく、「まずは、よーく勉強しろ」という感じで就職した1989年。「定年退職」が当たり前で、最初からプロフェッショナルである事を求められていない時代の就職。

愛着も相当ある。あるけど、経営力の無さが、会社をもうズタズタにしてしまっている。各部署・各人の、仕事のレベルもスキルも低下しているのを、実感する日々。

いい仕事をしたい。なら、どうすればいい?
少しずつ、考えて、貯えねば。

写真は、松任谷由美ファンならご存知かもの「ドルフィン」の坂道。

2006.02.09 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日 記

のびをするみたいに

TS280703.jpg

今日の打合せは2つ。少ないやーと思って会社に行くと、朝から質問のため待っててくれた人が居て、「あぅ、ごめんなさいフレックスでのんびり会社来てしまって」な気分(笑)
でも、自分を頼ってくれるのは嬉しいものがある。
勿論、それだけだと仕事が廻らない点も気をつけなきゃいけないけど。

ウチの会社のイントラネット内のメールアドレスには、全社員宛てのアドレスというのがあるのだが、社員の1人がそれを分からずに、自分のとこに来たメールに「全員返信」しちゃったようで、ちょっと可哀想だった。

彼を、周りとか上司とか先輩がフォローしただろうか。
最近、会社の中の人間関係が、少々希薄になってるようなので、気掛かりではある。

2006.02.08 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日 記

暦の上では

TS280715.jpg

2月って、暦のうえではもう、春。
そりゃ、そう言ったって寒いものは寒いのだけど。
でも、そういうちょっとしたところで、「春」を探したくなって来る。

立春、雨水、啓蟄、春分、清明、穀雨。

水道の水を「冷たいッ!」と思うけど、それで顔を洗うとシャッキリするしね。
駅で電車を待つ間に吐く息は白いけど、電車に乗った時に隣で口をアヒルみたいにして手をすり合わせてる人を見掛けてあったかい気持ちになったり。

会社では、私の指摘に「こういったアプローチの仕方があるよ」と一言言うのを期待したところ、余りにも下らない返事を寄越したお方に呆れてしまった。その道の部長ならそれ位心得てるんじゃないのかっ!と思ったけど、恐らくこういった「デリカシーにも関する平行線」の溝は議論しても埋まらないだろうし、小人物のキャンキャン言うのに逐一反応しないで居よう。はふぅ・・・脱力(笑)

2006.02.07 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日 記

アンポンタン

TS280713.jpg

この頃よく、気に入って「アンポンタン」と使う事が多い。マイブーム。←死語オンパレード

例えば私的に「それって社会人として非常識なんじゃねーの?」という輩の意見を評して。
例えば不用意にパンナイフを持って階段を上がる途中でよろめき、手を壁につくとともに左手を何針も縫った家内に対して。
例えば「いえ、大丈夫です」と手を借りるのを拒否する、強がりな人に対して。
例えば自分のおっちょこちょいな粗相に対して。


先日、矢井田瞳の事をブログしたが、そういえば彼女の数ある歌の中で、
・ バラード?珍しい
・ おや、いい歌詞じゃんか
と印象に残るのがあったな。

      何にもいらない あなたにふれたい
      街ですれ違う 風が 胸に沁みる
      思い出すたび 心配してみたり
      涙がひと粒 だけど あなたには届かない

      何にもいらない あなたにふれたい
      行き場を失くした 唄が 胸に響く
      上手く泳げない あの時の未来
      どうしても遠い だけど あなたじゃなきゃ意味ない

      飛んで行きたい 今すぐ逢いたい
      自分の耳で愛してるって聞きたいの
      信じていたい 守って行きたい つながっていたい
                                     矢井田瞳/Over the Distance


遠距離恋愛。の、歌なんだろうな。
聴いてると、何だか「頑張れ!」って言いたくなるなあ。
恋愛って、それ自体はアンポンタンなものだ。理性や理屈じゃないものね。でも/だから、暖かい気持ちで、笑いながら、肩をぽんぽんっと叩いて「こーのアンポンタンッ!(笑)」という感じである。

・・・どこぞかのサイトのプロフに「遠距離恋愛継続中」って書いてる君、君の事ですぞ。(笑) ここで密かに、エールを送ります。

2006.02.06 | | Comments(6) | Trackback(0) | 日 記

せめて気持ちだけでも

TS280718.jpg

「この冬一番の寒さだった」らしい一昨日・昨日。昨日の晩は、夜中に雪が降ったみたいだ。日陰になった近所の石段のその跡で、それを知った。

昼下がり。
2005年12月19日に日本武道館で行われた大黒摩季のライブが、15:30から17:24迄オンエアされていたので、ぼんやりとこれを見ていた。

      きっといつの日か 魔法が効かなくなるわ
      やさしさに身を任せて ありのまま見せ過ぎて嫌われた

      いちばん近くにいたいの 邪魔になりたくないの
      あなたが好きになってくれた 私のままでいたいから

      いちばん近くにいてね いつもどんな時も
      一緒に居るよりもっともっと 大切にしたいから
      変わらないでね 例え離れてても
      最後の最後に結ばれる日まで
                                   大黒摩季/いちばん近くにいてね


この人の歌に惹かれるのは、ひねくれたり捻じ曲がったりしていない、ストレートな歌詞。ストレートなんだけども、平坦なだけじゃなくて、大事に生きている人独特の気持ちの深さが窺い知れるからかも知れない。

例えばほかに、こんなことば。

      伝えたい 伝わらない 大事な事だけは
      泣きながらあなたを諦めようとした過去も
      思い出を抱きしめながら心決めた現在も
                                           大黒摩季/熱くなれ


そう、言葉を幾ら紡いでも、伝えたい大事な事だけは伝わって行かないもどかしさを皆、大なり小なり抱えているんじゃないかと思う。少なくとも私は、例えば仕事などでうまく伝えられない事が多くて、その都度「せめて気持ちだけでも」と思うものの、やっぱり上手に伝えられないなあと思うのだ。

ライブの最後は、「ら・ら・ら」で締められた。彼女の「みんなの歌ってくれるのを私、聴きたい。お願いッ」と言うのに会場の皆が応えて「ら・らー らららー らららー やっぱり 今日も明日もあなたに 逢いたい~」と歌い、ステージの上の彼女は、しゃがんで、目を瞑って両耳に手を当てて、その声を受け止めていた。

2006.02.05 | | Comments(5) | Trackback(0) | 日 記

夢と願い事

TS280704.jpg

TVを見ていたら、矢井田瞳とCrystal Kayとが共演していた。矢井田の「My Sweet Darlin'」をデュエットしたりして。声の質の違う、けれど特徴のある2人の歌うのを聴いているのは楽しい。

      君が子供の頃に見てた 夢と願い事を教えてよ
      例えば今は 違う場所に立っていても

      心から 心から思う君が大切なものは何ですか
      その笑顔 その涙 ずっと守ってくと決めた 恋におちて
                                       Crystal Kay/恋におちたら


Cryrstal Kayの歌を真面目に(?)聴いたのは、今日が初めてだったけど、いい感じだったなあ。
うん?子供の頃に見てた夢、願い事・・・? 何だったろうか。
例えば20才、例えば30才だったら、小さな頃を思い出すのは容易だったんだっけ。
40才の今、「小さな頃の私」は余りに遠い記憶で、その頃何を考え何を感じていたのか、もう思い出せない。(笑)
だから、違う場所に立っているのかどうかすら、判別出来ない。
でもね、元気に一応、生きてるよ、ほら。小さい頃の私よ。

2006.02.04 | | Comments(2) | Trackback(0) | 日 記

節分

TS280716.jpg

午後、家内から電話が掛かって来た。しょーも無い事で電話をして来ないものなので、出てみたら「指と指の間を、ナイフを持って家の階段を上がってて、誤って切ってしまった」という。どうしてそんな事をしていたのかと聞きたくもなるが、怪我をした後で聞いても詮無い事。すぐ病院へ行けとだけ言って、電話を切る。

後で聞くと、どうも午後から訪ねて来るお友達を迎えるのにパタパタと準備をしていて、ナイフ(パン切りナイフ。これが又、よく切れる)を左手に持ちながら歩いてて階段でよろめいて手をついてしまった時に、小指と薬指の間をさっくりと切ってしまったらしい。

この、アンポンタンめ。(苦笑) ・・・という感じである。

会社の入っているビル(つまりオフィスビル)の中にあるコンビニエンスストアでは、店員さんなのだろう、鬼その他の格好をした鬼が、節分という事で、豆やお寿司(恵方巻)を販売していた。お仕事、お疲れ様です。販売員の方にはそう思う。けど、こんなオフィスビルで、日中から恵方巻を売ってもなあ・・・帰り掛けに買う人は居るかも知れないけど、日中は厳しいものがあるぞ。企画に物言い。「ちょっとアンポンタンと違うかーっ!」(笑)

ついでに。
昨日買った、ユーカリ味のフリスクは、何とも言えない味だった。いつも買うライムミントと違って、何だか薬っぽい味。これも私の中では「この、アンポンターン」であった。なくなったら次は、このユーカリ味以外のを買おうっと・・・

2006.02.03 | | Comments(2) | Trackback(0) | 日 記

打合せ三昧

TS280712.jpg

お昼、会社近くの本屋さんをうろついてて、フと視界の隅に気になるものを感じて、手に取った。サザンの桑田さんが表紙に出てる!びっくり。

papyrus(パピルス)。幻冬舎が、去年6月から隔月で出している雑誌らしい。今回は、第4号のようだ。パピルス・・・昔、シャープから出てた電子辞書も、確かそういう名前だったな。
手に取り、パラパラ・・・と目次を読んでみたら、
 ・ 歴史的名盤『キラーストリート』に込めた真の思い
 ・ 超ロングインタビュー
 ・ 「Live Tour 2005 みんなが好きです!」ライブレポート
他にも、コラムや短編小説も載っていて、楽しそう。これは、買おうかな(笑)

今日は13時、15時、16時、17時・・・と午後は打合せだらけ。
お昼前に飛び込み打合せの依頼があって、それを空いてた14時に押し込んで、「うわー、5連ちゃんかよっ」と思ったけど、15時の打合せが無くなったのと、13時の打合せは自分の部内の定期的な連絡の場で「打合せ」とか「議論」ではないので、結果的には3つ。でも、3つで十分、おなか一杯。満腹。もう要らない(笑)

打合せって、事前にテーマとか目的とかが決まっていたり、打合せ資料(ドキュメント)があるなら効率が良いんだけど、そうじゃない打合せは無駄が多い。又、打合せのための資料に力と時間を掛けて大作を作る人も居るけど、これも「俺/私、頑張ったでしょう?」とこれ見よがしなものはやっぱり無駄。背景や経緯のために力と時間を掛けてるものは良いのだけど。

最近、そういった視点で他人や他部署・自部署を見ていたりする。
そうやって感じたものを、自分に取り入れられたらいいなあと思う。

2006.02.02 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日 記

雨音

TS280711.jpg

残業の夜、そろそろ会社を上がろうとしてた時に、それは起こった。


地震。。。

とりあえず会社のビルは大した事もなかった。震度3。
外は、強い雨音が鳴り渡っている。会社を退出したのは良いが、東海道線と京浜東北線は「点検中のため、現在動いていません 復旧は午前0時を予定してます」というアナウンス。

・・・。

何ーッ!(笑)
振替えの京急は臨時列車も出して頂けてたが、乗車率は何百%なのか・・・朝の東海道よりもギュー詰め!
品川で乗り換えたけど、向かいのホームに居た反対方向の印西牧の原行きの列車はガラ空き。羨ましいぞ。

何とか横浜駅に着き、背中を押されながら下車し、振替え電車を探して乗って、いつもと違う駅から20分かけて帰宅。それでも+30分で帰れたんだから、良しとしよう。

ああ、びっくりな夜だった。(^^;)

2006.02.01 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日 記

«  | HOME |  »

プロフィール

はまたに

Author:はまたに
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。