スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

日に日に春

TS280764.jpg

日に日に、春が近付いている。
朝や晩は、コートを羽織ってちょうどいいのだが、通勤電車の中では汗ばむほど。

あと3週間もすれば、桜の花が咲き始めて、黒いコートや手袋の世界から、色の付いた軽やかな春が、やって来るはず。

切望してても、してなくても、春がもうすぐ、やって来る。


・・・花粉症には困ったものだけど。今日も花粉症の薬の所為で、眠い。(笑)

スポンサーサイト

2006.03.09 | | Comments(2) | Trackback(0) | 日 記

お疲れ様。お先に行ってて下さい。

TS280770.jpg

大抵の毎晩、君のホームページを読んでいた。
一度メールを書いて、返事を貰って、それで通じた気がしていたから、メールを送るのはそれで最後にしようと心に定めていた。

私がチャットを楽しんでいた数年間、その世界で信用出来るのは君だった。
「君」だなんて、私より13年上の男性の方には失礼だな。でもまあ、許してくれると思おう。(笑)
たまに横浜方面に用があるからと言って、大の男二人して「チョコパフェ」「ストロベリーパフェ」とファミレスに長い時間居座った事も懐かしいし、チャットを荒らしに来た奴を二人して相手するのも楽しかった。

「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」。
筋肉を動かしている運動神経細胞が死んで行くため、徐々に手足・のど・舌の筋肉が痩せて力が弱くなり、最後には呼吸筋が動かなくなる病気。原因不明で、非可逆性であり症状が良くなる事は無く、およそ5年ほどで死に至る。

君が発症したのを、チャットから足を洗った私は随分後になって、知った。

君は、「ALSになった事は、不運ではあるが、不幸ではない」との友人の言葉とともに、君は「皆死ぬはずなのに、その事を忘れて生きている」状況から「死を見つめて生きなければいけなくなった」立場に立って、ライターとして自らの闘病日記をネットを通じて情報発信して行った。

今年1月12日から、君の日記は途絶えた。日記は途絶えたけれど、掲示板への書き込みを見つけては、ほっとしていた。

今夜、帰宅してホームページを見て、君が逝去したと知った。

君のホームページの「リンク」に残った、放置の挙げ句消えてしまった在りし日の私の掲示板へのリンクと、迷った末に君へ送った翌日に君が返してくれたあったかいメールは、私の宝物。


「生きて居る今だけがリアル」「死後に本人の物語は無い」といつも言っていた君だから、「そんなもんは、いらん」というだろうけど、

心を込めて、花束を贈ります。
あっちで、会えたら会おう。お先に、酒飲んでて下さい。

2006.03.08 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日 記

急ぐ用件ではないから

TS280763.jpg

と書いてあるメール

開いてみれば、確かに急がないかも知れないけど、重大な相談メールだったりする。

いつもの私なら良いのだけど。
けど、今日は何をしてもどう考えても何を言っても、冴えない。

まあ、そんな日もあるやね。

明日は、きっと大丈夫。大丈夫に、なる。
大丈夫になってから、シャンと対応しよう。


・・・なーんて思ってたら、重ーい重ーい別件の仕事が舞い込んで来る。
コラッ、この手の話は去年お仕舞いにしたはずだろう?何をやってたんだ、何でこんなに寝かせてたんだ。あーん?という感じである・・・(笑)

2006.03.07 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日 記

春の兆し

TS280754.jpg

昨年ほどでは無いにしろ花粉は順調に空気中に溢れ始めている。くしゃみと喉のヒリヒリと洟はきっと、ゴールデンウィーク迄続くんだろうな。そう、鼻の薬はすごーく眠くなる。打合せ、要注意。

黒や白や紺色のコート。ショート・ブーツにロング・ブーツ。マフラー、手袋、セーター。スキー、スケート、ラグビー。吐息の白さ、散歩中の犬の胴着。薄い陽射しと薄い影。落ち葉、冬至、クリスマス、大晦日と元旦、年賀状、初詣で、バレンタイン、みぞれ、雪。張った氷、水道の水の冷たさ、おでんの湯気。凍てついた風、俯いた背中、かじかんだ指先。

今、冬は終わろうとしている。梅の花が咲いて、ひと雨ごとにあったかくなって、ちょっと寒さが戻って、又あったかくなって、コートを脱いで手に掛けて、春がやって来る。おいで、春。

この日東京に、春一番が吹き渡った。

2006.03.06 | | Comments(2) | Trackback(0) | 日 記

蝋梅

041011_2102~01.jpg

静かな土曜日。近所では梅が白い花をつけ、昨日の雨で花びらをアスファルトの上に落としてる。

ひょんな事で、と或る後輩から、「今日、相方が自分の両親に挨拶に来るんです」との知らせを貰う。

人を好きになる。好きになるってこと自体は、結果や見返りを求めるものではない。ないけど、相手からも求められなきゃ続かなくて、求め合って初めて、「好き」という感情は川の浅瀬に辿り着く。

じゃ、結婚って何だろうね?

相手を拘束し束縛するため?独占欲?
信頼、約束?社会的立場を得る?
社会の一番小さな単位?安心しあう場所?
一緒に暮らしたいから?

結婚ってのは、他人同士がするものだ。育ちも価値観も感情も、それぞれ違っていて当たり前。それは2人が一緒(同一)じゃなきゃいけないって事ではなくて、違っていて当たり前であるのを認め合って尊重しあう、それが一緒になるって事なのかも知れない。

それぞれの振り子、今はきっと、振り幅も音色も違っている。
例えばその音色を、美しいハーモニーのように鳴らせたら。
例えばその振り子が、まるで1つの振り子のようになれたなら。

結婚って何だ?に対する答えは、結婚する当事者がそれぞれで一生掛かって作って行くもの。何なのかは、2人が決める事。

うん。

頑張ってね。応援してます。

2006.03.04 | | Comments(5) | Trackback(0) | 日 記

伝えられるうちに

TS280715.jpg

何気ない毎日。でも、何気ない毎日なんて、実は無いのだ。沢山の事が色々とありつつ、平穏な心を持てているから、何気ない毎日に出来ているんじゃないかと思う。

「今」は、今日この「今」しかなくて。
焦る事は無いのだ。焦っても、焦ってる時間は何も生まないから。
それこそ、先週の日記に書いたみたく、「何度でも何度でも何度でも」「声が涸れるまで」「前を向いてしがみついて」たら、いい。
一期一会ってことばが頭に浮かぶ。

ついこの間まで、2月だ雪だ・・・と思っていたのに、季節は春に向かっている。着ているコートが通勤電車の中で「暑い」と感じる朝もある。花粉も順調に(笑)飛んでるようで、季節の所為か薬の所為か分からないけど頭がぼうっとしたり痛かったり。
余計な考えや、イヤな事や、疲れが全て消えるのは、でも薬でも時間でも自分自身のみでもなくて、他人(ひと)とのふれあいでしか無いのかも知れない。

      I believe myself 信じる事で 全てが始まる気がするの
      I believe myself あたたかい光は 間違っちゃいない 歩いて行こう
                                              絢香/I believe

さあ、週末。今日は金曜日~。

2006.03.03 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日 記

バトンに乗せられてみる

ML_TS280031.jpg

mixiにて。

「これは、見た人はミンナやるバトン★です」
「見た人は全員やること!絶対!嘘つきはだめ!足跡に証拠残りますぜ!」

む~・・・。

いつもの私なら、「ケーッ!」と知らん顔をするのだが。「チェーンメールだ!不幸の手紙じゃねぇか!」と。

でも、たまにはいいじゃないか。乗せられてみよう(笑) ←主義主張がありそうで実はミーハー



Q1.モテたと思う時期はいつ?
いつだろう。思い出せないのか、モテた事実が無いのか・・・てんてんてん。

Q2.似てると言われたことのある芸能人は?
芸能人じゃないけど、巨人の桑田投手。エラの張り方と無愛想な目付きがポイント?
アバタにエクボ的な例なら芸能人もあるけども、きっとそれはフェロモンその他に拠る錯覚(笑)

Q3.恋人を選ぶポイントは?
選ぶほどの人間じゃないんだよなー。。。
強いて言えば、目。ある程度生きて来た大人は、目に色々な歴史が出てる気がして。

Q4.ここぞという時の香水や服装がありますか?
無しw
自分をどう見せるかって事に、価値を見出せないので。

Q5.告白されたことがありますか?したことは?あれば何人?(ナンパ以外で)
された事もした事も、ある。
何人だろう?カタログちっくなカウントは出来ない性分だしなあ。いや、単に忘れてるかも知れないのだけど。

Q6.わざとデートに遅れて行ったことがありますか?
何ゆえにわざわざ遅れて行かねばならんのか(笑)
駆け引きって奴は、好きじゃないです。

Q7.なんだか好きな、異性の仕草は?
人それぞれだと思うので、一般的にそう思える仕草ってのは無し。髪をかきあげる仕草にはっとする事もあれば、違う人の同じ仕草には何も感じなかったりもするし。

・・・ふー、書いた。書いたけどしかし、つまんねー回答だなあ・・・(笑)
そして写真は、本文とは無関係の、1年少し前までの、私のオフィス机。

2006.03.02 | | Comments(6) | Trackback(0) | 日 記

何度でも

TS280752.jpg

深夜。帰宅したら、Dreams Come TrueがTV番組に出演していて、街中でゲリラ的に小さなライブをする、という企画だった。2曲演奏してて、1つは「何度でも」、1つは「LOVE LOVE LOVE」だった。
しかしいつ見ても、吉田美和さんはチャーミングだなあ。口が大きくて表情が豊かで。


      こみ上げてくる 涙を何回拭いたら
      伝えたい言葉は届くだろう?
      誰かや何かに怒っても 出口は無いなら

      何度でも何度でも何度でも立ち上がり呼ぶよ
      君の名前 声が涸れるまで

      悔しくて苦しくて頑張ってもどうしようもない時も
      君を思い出すよ
      10,000回だめで ヘトヘトになっても
      10,001回目は何か 変わるかも知れない

      前を向いてしがみついて 胸かきむしって
      諦めないで 叫べ!
                                     Dreams Come True/何度でも


あぁ・・・そうだよな。出口をあらかじめ予定出来ないものならば、その出口を目指して歩く事が叶わないなら、とにかく前向いてくしか無いのだ。無様であろうと、何であろうと。出口の見えない仕事だからってそれが何だと言うのだ。そう思えば、「今」を大事に乗り切ろうって思えるんじゃないか。

さ、今日から年度末の3月。じっくり向き合って、歩こう。

2006.03.01 | | Comments(4) | Trackback(0) | 日 記

«  | HOME |  »

プロフィール

はまたに

Author:はまたに
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。