スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

バイクで散歩

060611TS280887.jpg
まあ、バイクつったっても、家内のスクーターで、で。
午前中は天気が崩れなかったので、ちょっとご近所を給油ついでにぶらぶらと走った。

このバイク、スペインスズキ製。当地では現在も販売されているが、国内では見かけない。

スズキが国内で販売しているスカイウェイブシリーズ(650/400/250)は海外ではバーグマンという名で販売されている。その末弟として2002年、排気量150/125でデビューした。

とある「K商会」さんが2003年モデルの150を輸入し販売していたのだが、販売してすぐ倒産。何故125も輸入しなかったのか、謎だなあと思う。125でこのボディサイズと大きなトランクは、通勤用途等で意外と需要があるように思えるんだけどな。

全長2,085mm、全幅720mm、全高1,325mm、ホイールベース1,450mm、シート高705mm、乾燥重量139kg。
エンジンは水冷4サイクルOHC単気筒、152cc、出力10.4kW/8000rpm(14ps位?)。
変速機は勿論オートマで、Vベルト式。
ブレーキは前後ディスク式、サスはフロントはテレスコピック、リアはスカイウェイブと違って2本サス。タイヤはフロント110/90-12、リアは
130/70-12。ホイールはえらそーにアロイ。
ガソリンタンクは10L、燃費は今のところリッター25Km。

060611TS280888.jpg
出色なのはトランクで、ヘルメットが「横に」2つ入るのである。
ビッグスクーターの多くは縦に長いトランクを持つのが常だが、
そのせいとフロントのスクリーンの長いこともあって、顔はほっそり、尻はデカい。という印象である。
中途半端という言い方も出来るが、フォルツァもマジェスティも、いわんやスカイウェイブはデカい。もう1サイズ小さければ良いのだが、そうすると小型(125cc未満)になる。バーグマンの良いのは、この寸法で中型(つまり高速にも乗れる)であるところだ。
060611TS280886.jpg
メーターは左から水温、速度、ガソリン。速度計の下にはデジタルのかわいらしい時計が付いていた。(笑)
日本車じゃないからか、ハザードスイッチは無し。
サイドブレーキが左手の下辺りにあって、リアブレーキのドラムを引っ張る仕組み。これがあるのは、坂道で両手を離せて楽ちん。
そろそろ要らない季節になったけど、オプションで付けて貰ったスカイウェイブ用のグリップヒーターは嬉しい。大きなスクリーンと膝の隠れるスクータースタイルでは、残る寒さ対策は両手だからね。ナックルバイザーは・・・、まあ秋になってから考えたらいいかな。その前に、貧弱なホーンを替えたいところ。

スポンサーサイト

2006.06.10 | | Comments(2) | Trackback(0) | 日 記

«  | HOME |  »

プロフィール

はまたに

Author:はまたに
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。