スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

モノ作りの時代は

090129TS3E0785.jpg

日本でIT産業が伸張し始めて随分になるし、その間自分の勤め先は、通信産業の会社からIT産業の会社へと変質して来たように思う。
そんな中で、私の職場では5年前迄は、少なくとも自分たちの作ったサービス利用規約(以下「約款」という。笑)を、1年に1回は印刷・製本をしていた。その後、費用削減や紙資源の節減の点から、ここ5年は約款を印刷・製本せず、会社のホームページに掲載するのみとなっていた。
今年度の予算取りを昨年行った際、上司に頼んで予算枠を確保して貰い、5年振りの印刷・製本に向けて昨秋から取り組んでいたが、このたび印刷会社さんからモノが届いた。

何故5年振りに製本したかと言うと、昨年の段階で「来年度(つまり今年度)は何らか会社に動き(変化)があるだろう」という読みがあって、ではその動きの起こる前に一度、記念品として製本しておこうとのウラの思いがあって手を打っておきたかったからだ。まあ、その読みが外れたのはさておいて・・・っと。

日頃の業務では、そのアウトプットはホームページへ掲載するためのPDFファイルだったりするので、「モノが出来た」という喜びとは少し、違う。やはり、「モノ」がアウトプットとして、手にずっしりと実際の重みを体感出来るというのは、分かり易くて良いものだ。ま、「自分の手で」作った訳ではないから、私達が「モノ作りを行った」という話ではないのだが。
約款の数、12。ページ数、計1,490ページ。部下の皆さんには苦労があったと思う。お疲れ様でした。

「モノ作り大国・ニッポン」はもう古い。という説も聞いたりするが、アウトプットがPCの画面に浮かんでいる事もモノ作りであると思うが、五感でその完成したモノの形や重さを実感出来る喜びというのは、やはり人間である以上は代え難いように思えた。無いものねだり・・・なのかも知れないけれども。

写真は、帰り道にて。
熱いエスプレッソを、ドピオで。

2009.01.29 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日 記

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

はまたに

Author:はまたに
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。