スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

或る風景 (6)

P6.jpg

12月に入ってからの街じゅうの、どこの店にいっても飾られたツリー、流れるリトル・ドラマー・ボーイだのウィンター・ワンダーランド、楽しげなカップル、木々に付けられたライトアップ。

25日迄は、ずっとこんな騒ぎが、何か楽しい事があるんじゃないかという、理由(わけ)のない予感とともに続く。

そんな予感も、クリスマス・イブが近付くほど、「違うんじゃ・・・」という思いで打ち消されて行く。

そして「やっぱり、何もない」と、25日の朝に思い至る。
ああ、今年のカレンダーがクリスマスが土日でなくて良かった。一人の部屋でも、TVを付ければ嫌でもクリスマスって分かるんだもの。だったら、仕事してた方がいい。


さ、仕事。真依は身支度を整え、家を出た。



輝明は、起きるには起きたものの、ひどいふつか酔いだった。昨日は飲み過ぎた。んー、いいや。会社行ってもこりゃ、無用の長物だし生ける屍、多勢に無勢。今日はずる休みしちまえ。

しかし、女の子の居る店に俺は今まで一体幾らをつぎ込んだんだろう。騒いでる時は楽しいけど、思うに俺が楽しませてるんじゃねえか。それで大金はたいて、あー馬鹿だね俺。もうやめよう、こんな遊び方は。

会社に電話掛けるには、ちょい早いな・・・薬でも買って来るか。

駅前では勤め人が、皆同じ方向へと急いで歩いている。
あー、見てるだけで気持ち悪くなりそうだ。って、俺もいつもはあの波の中に混じってるんだよなあ。ま、今日は部屋で俺、のんびりさせて貰うさ。




「ね、先月のそれ、朝8時だったんでしょ?きっと私、そこにいたと思うんだけど」
「知らないよ、分かるわけねーだろ」
「薬ばっかり色々飲んで、忘れてるんじゃないー?」

輝明には、分かっていて聞いてしまう。こんな他愛ないことを聞ける日が来るなんて、1か月前のクリスマスの日には、思いもしなかった。



言えるもんかよ。ドラッグストアで「よーく効くふつか酔いの薬、下さい」って言ってレジにいたお前と目が合った時に、ふつか酔いが消し飛んで立ちすくんだ事なんて。

「さ、行こうか」輝明は、コーヒー2杯の伝票と、先週買ったジムニーのキーを手にすると、立ち上がった。

2005.12.25 | | Comments(0) | Trackback(0) | 創 作

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

はまたに

Author:はまたに
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。